名古屋ウーバーイーツの配達員

最近話題のUber Eats(ウーバーイーツ)が、ついに名古屋にも進出しました。
配達パートナーの仕事をしてみたいと思っていた名古屋エリアの人には、嬉しいニュースでしょう。

しかし、配達時間帯や実際のエリア・登録方法など、分からない事も多いかと思います。
そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋で配達パートナーになる方法や時間帯・エリアなどについて詳しく解説していきたいと思います。

名古屋で配達パートナーになりたい!という人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達エリア・時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)の名古屋エリアで配達パートナーをするにあたって、配達エリアや営業時間はどのようになっているのでしょうか。
名古屋の配達エリアは、2019年3月より拡大しました。

従来のエリア 中区・中村区・西区・北区・中川区・東区
追加エリア 熱田区・千種区・昭和区

このエリア拡大により、名古屋市内9区での利用が可能になったのです。
これからもエリアは順次拡大していきますので、公式サイト等をチェックしておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋エリアの営業(稼働)時間は、朝9時~夜12時までです。
この時間の範囲内で、自分の都合の良い時間帯に配達をしましょう。

名古屋サービスエリアマップ

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナー登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナー登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋で配達パートナーになるには、具体的どのような手続きをすれば良いのでしょうか。
登録方法などについて、詳しく解説していきます。

そもそも配達パートナーとは?

そもそも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとはどんな仕事をするのでしょうか。
まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、料理を運んでほしい人とレストラン・配達したい人をマッチングするサービス。

配達パートナーは、この「配達したい人」にあたります。
Uber Eats(ウーバーイーツ)から依頼を受け、お客さんの元に料理を運ぶのが仕事です。

配達パートナーになるのには、面接などはありません。
事前にWEB登録を行い、各地で行われている登録説明会に行き本登録をするだけで良いのです。

WEB登録

WEB登録は、こちらから可能です。
https://www.uber.com/a/signup/drive/deliver

WEB登録では、以下の項目の入力が必要です。

・メールアドレス
・電話番号
・氏名
・都市

友人などからの紹介で招待ボーナスを受け取りたい場合は、招待コードを入力します。

・紹介者の名前と電話番号
・招待コードの記載のあるメールやLineメッセージ

上記2点の確認が必要ですので用意しておきましょう。
入力が完了し「送信する」を押すと4桁のコード番号が送られてきます。

そちらを入力して進むと、「Uberとのパートナー提携方法をお選びください。」という画面になりますので、以下の中から選びましょう。

  • バイク
  • 自転車で配達
  • ドライバー(車両を所有していない場合)

「ご来社いただき、登録を完了してください。」という画面になりパートナーセンターの情報が表示されれば、アカウント作成の完了です。
アカウントを作成したら、必要書類のアップロードをします。

【自転車の場合】

・身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、小型船舶操縦免許証、学生の方のみ学生証と健康保険証の組み合わせも可能)
・プロフィール写真

※2つの書類が同じ画像に収まるように撮影したものをアップロードしてください。
どちらかが欠如していたり、不鮮明な場合は受理でき兼ねます。

【原付バイクの場合】

・プロフィール写真
・運転免許証
・自賠責保険証書(ナンバープレート番号が記載されているもの)
・ナンバープレートの写真

※自賠責保険証書に車両のナンバープレート番号が記載されていない場合は、保険会社に追記を依頼してください。
※外国籍の場合は、 在留カードが必要です。

これにて、WEB登録が完了です。

本登録

WEB登録が完了したら、1度だけお近くのUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターへ行って本登録を行う必要があります。
名古屋エリアでの本登録は、こちらの場所で行います。

Uber パートナーセンター 名古屋

住所 名古屋市中区栄1-5-8 藤田ビル 2階(伏見駅から徒歩1分です)
営業時間 月~火、木~土:12:00~19:00(水曜日と日曜日はお休み)
Webサイト https://www.uber.com/ja-JP/drive/nagoya/contact/
  • 18歳以上であること
  • 自転車や原付バイクの運転が出来ること

配達パートナーになるには、上記の条件があります。
また、身分証明証やプロフィール写真など、WEB登録でアップロードした書類を持参してください。

本登録には予約などは必要ないので、営業時間内に直接行きましょう。
30分ほどで終わる事がほとんどのようです。

本登録の前に、配達業務に必要なアプリをダウンロードしておくとスムーズでしょう。

  • Uber Driverアプリ
  • Google Mapアプリ

App StoreやGoogle Playで検索すると見つかります。
直ぐに稼働したいという人は、以下の物を持参すれば登録後その足で配達を行う事が出来ます。

・スマホもしくはタブレット
・報酬の振込先キャッシュカード
・スマホホルダー
・モバイルバッテリー
・自転車もしくは原付バイク

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナーになるメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナーになるメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナーになるのには、メリットも多くありますが、デメリットや注意点もあります。
登録する前に、メリット・デメリットについて知っておきましょう。

メリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナーになるメリットは沢山あります。

  • とにかく自由
  • シフトがない
  • 副業としても出来る
  • 手続きが簡単

配達パートナーの仕事には、シフトもノルマもありません。
自分の都合の良い時・気が向いた時にだけ、配達をすれば良いのです。

ですから、副業としてやりたい人や、他に優先しなくてはならない事がある人などに非常に人気があります。
本体の生活スタイルを崩す事無く、空いたタイミングに配達をしてお金を稼げるという新しい働き方なのです。

また、面接などもなく登録手続きが簡単なのも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのメリットでしょう。

デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナーの仕事のデメリットは、補償が無いという事でしょう。
配達パートナーは、Uberの社員やアルバイトではありません。

ですから、専業の場合でも社会保険ではなく自分で国民健康保険に加入しなくてはならないのです。
また、時給や日給などの収入の補償ももちろんありません。

年収によっては自分で確定申告もしなければならないのです。
配達をしていると、様々なトラブルに遭遇する事もあります。

しかし、そのようなトラブルを始め事故や機械の故障などについても保障がないため、全て自己責任なので注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナー口コミ・評判

ツイッターでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋について以下のような口コミや感想がありました。

配達パートナー・店舗・利用者ともに、様々な意見が見られました。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の名古屋進出によって、喜んでいる人が多い印象です。

配達パートナーも様々な工夫をしながら頑張っている人が多いようですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋は稼げるの?報酬は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナーになりたいとお考えの人にとって、報酬は気になるところでしょう。
「本当にそんなに自由なのに稼げるの?」という疑問を持っている人も多いかと思います。

まず、名古屋に限らずUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、個人事業主。
形態は委託にあたり、報酬は一件いくらという完全出来高制です。

基本的に「受け取り料金+受け渡し料金+距離料金-手数料」で計算されます。
稼げるのかどうかは、配達件数や移動距離によって変動するのです。

つまり、結論から申し上げると稼げる人も稼げない人もいます。
また、需要が高まる午前11時~13時までのランチタイムと、午後6時~9時までのディナータイムは、配送手数料が上がります。

注文件数が伸びるのに対して配達パートナー数が減る雨の日にも、インセンティブが付くのです。
このような仕組みを上手く利用して、時給に換算すると1,500円~2,000円以上を稼いでいる配達パートナーも多くいます。

報酬の基本料金は、地域によって異なります。
名古屋の報酬は以下の通りです。

受け取り料金 136円
受け渡し料金 63円
距離料金 45円/km
手数料 5%

稼動の際の手順

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになったら、実際にどのような手順で配達を行うのでしょうか。
これから名古屋で登録しようとお考えの人のために、稼動の際の手順について解説していきたいと思います。

1:アプリを起動する
2:待機する
3:配達リクエストを受ける
4:お店に向かう
5:お店で料理を受け取る
6:お客さんの指定する場所に配達する

配達パートナーは、仕事をしようと思った時にだけアプリを起動します。
依頼が来るまでは待機ですので、好きな待機場所で自由に過ごしましょう。

アプリ上に配達リクエストが来たら、タップして受けます。
現在地からお店までの地図が表示されますので、安全運転で向かいましょう。

お店に着いたら「こんにちは、ウーバーです!」と挨拶をし、注文番号を店員さんに伝えましょう。
お店によっては裏口から入らなければならない店舗や、ヘルメットを外してから入店しなければならない店舗もあります。

事前にアプリで確認できますので忘れずに行いましょう。
料理を受け取ったら、こぼさないように配達バック(リュック)に入れます。

「配達する」をタップすると、今度は店舗から配達先までの地図が表示されます。
お客さんの指定する場所に着いたら、料理を渡しましょう。

基本的には、現金のやり取りはありません。
「置いておいて」と言われる事も多いようなので要望に沿いましょう。

配達中、アプリの使い方が分からない時や道に迷ってしまう事もあるかと思います。
困った時には、サポートセンターまたは、パートナーセンターに問い合わせましょう。

サポートセンター連絡先:0800-700-6754
パートナーセンターについては、地域によって異なるため登録時に貰うカードに記載されています。

便利なレンタル自転車サービス

配達パートナーを始めたいけれど、自転車を持っていないという人もいるでしょう。
そんな場合でも、便利な自転車クレンタルサービスがあります。

実は、配達パートナーを実際にしている人の多くは、レンタルサービスを利用しています。
名古屋エリアで利用可能なレンタル自転車サービスをいくつかご紹介しましょう。

レンタルサービス 料金 特徴
でらチャリ 60分100円
1日500円
返却は24時間可能
PECOりん 60分は300円(60分毎に100円追加)1日最大500円 貸出・返却ともに24時間可能
モグリン 4時間まで1,000円
1日1,500円
午前9時~午後6時までしか利用できない
「若宮パーク」利用者は無料
ケッタくん 2時間以内500円(30分毎に100円追加)
1日(12時間)1,500円
対人賠償・搭乗者保険付き
レンタ輪なごや 1日1,500(追加一日毎500円)
クロスバイク1日3,000(追加一日毎1,000円) 
続けて利用するなら高くない

中でも、比較的低料金で便利なサービスは、でらチャリとPECOりんです。
やはり、1日500円程度の値段で借りられるサービスを選ぶと良いでしょう。

尚、レンタル自転車や原付バイク等のサービスは、Uber Eats(ウーバーイーツ)でも紹介をしてくれます。
迷った時はパートナーセンターに相談してみると良いでしょう。

配達パートナーになる注意点

配達パートナーになるにあたって、いくつか注意点があります。

・即日の稼働開始ができない場合がある
・ブーストやインセンティブはすぐには付かない
・現金支払い
・困ったときはサポートセンター(パートナーセンター)

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達パートナーの急増によって全国的に配達バッグの品薄が見られるようです。
ですから、名古屋で登録したとしても、バッグが受け取れずその日からすぐに稼働開始する事は出来ない場合があるでしょう。

気になる人は、事前にいつから始められるかを聞いておくと良いかと思います。
こちらでは、オンラインでの質問が出来ます。https://help.uber.com/partners

また、ブーストやインセンティブはバッグを受け取ってからすぐにつくとは限りません。
ハッキリといつから付くというのは不明ですが、おおむね1~2週間掛かる事が多いようです。

少しずつ現金での支払い対応が可能になってきているUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、2019年2月より名古屋でも現金支払いが始まりました。
とは言え、現金対応は「現金受け付けます」と自ら設定している配達パートナーのみですので、対応が面倒であればしなくても構いません。

現金対応は、これまで依頼が無かったお客さんを掴むチャンスですが、クレジットカードの登録やおつりの用意など煩わしい事もあります。
対応するかどうかは、よく検討してから決めましょう。

この他にも様々な注意点はありますが、困ったときは先程ご紹介したサポートセンターパートナーセンターに問い合わせましょう。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達パートナーまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達エリアは、2019年3月より拡大し市内のうち以下9区での利用が可能になりました。

サービスエリア

中区・中村区・西区・北区・中川区・東区・熱田区・千種区・昭和区

営業(稼働)時間は朝9時~夜12時までです。
この時間内で、自分の都合の良い時間帯に配達を行いましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋で配達パートナーになるには、面接は必要ありません。
パートナーセンター名古屋で行なわれている説明会に行き、登録をしましょう。

ただし、18歳以上である事や自転車又は原付バイクの運転が可能な事が条件です。
身分証明証やプロフィール写真などの書類の提出も必要ので準備をしておきましょう。

配達パートナーの仕事は、Uberから以来を受け料理をお客さんの指定する場所まで届ける事です。
実際には、以下のような流れで業務を行います。

1:アプリを起動する
2:待機する
3:配達リクエストを受ける
4:加盟店に向かう
5:加盟店で料理を受け取る
6:お客さんの指定する場所に配達する

報酬に関しては、基本的に「受け取り料金+受け渡し料金+距離料金-手数料」で計算されますが、地域によって差があります。
名古屋では、以下の金額が基準にされています。

受け取り料金 136円
受け渡し料金 63円
距離料金 45円/km
手数料 5%

配達パートナーの最大のメリットは、自由な事でしょう。
シフトがなく副業としても出来るところが人気のポイントです。

一方、保証がないというのはデメリットと言えます。
個人事業主ですから、給料の補償がある訳ではありませんし、様々なトラブルは全て自己責任なのです。

補償がなくとも自分のライフスタイルに合わせた働き方がしたいという人にはおすすめと言えます。
自転車や原付バイクがないという人は、便利なレンタルサービスがおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でも紹介してくれますから、相談してみましょう。
最近は、全国的に配達バッグの品薄が起こる事があり、配達パートナーに登録したからと言って、いつでもすぐに稼働出来るかどうかは分かりません。

また、名古屋エリアでは現金支払いも始まっています。
配達パートナーの仕事に興味がある人は、一度説明会に行ってみると良いでしょう。

様々な疑問や不安に対して相談に乗ってくれます。

【好きな時間に働いて報酬を得る】

Uber Eats配達パートナーで働くメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 1時間だけでも空いた時間に配達が可能
  • 自転車、原付バイク、軽貨物車両で配達
  • 週単位で指定口座に振り込まれる

空いた時間に出来るという事で、副業として行っている人が多くいます。
週単位での支払いなので、急にお金が必要になったという方でもすぐに稼ぐ事が出来るのは魅力です。

Uber Eats配達パートナー募集

「副業をしたいけどアルバイトをするほど時間がない」「早くお金がほしい」という方におすすめです。

⇒「Uber Eats配達パートナーに登録をしてみる。