ウーバーイーツの配達は雨の日が稼ぎ時

新しいビジネスモデルとして非常に人気が高まっているUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー。
時間の縛りがなく、副業として登録する人も増えています。

報酬には個人差がありますが、働き方次第では高収入が期待できる仕事です。
中でも、雨の日は配達パートナーにとって稼ぎ時と言えます。

しかし、雨の日の配達は危険が沢山。
注意したい事も多くあります。

服装や配達バックの取り扱いについても気になりますよね。
そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の雨の日の配達について、詳しく解説していきたいと思います。

雨の日はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達の稼ぎ時

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、時間帯や天候・エリアによって異なります。
中でも雨の日は、配達パートナーの稼ぎ時とも言えるのです。

その理由について、詳しく見ていきましょう。

注文が多い

雨の日は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文が増える傾向にあります。
天気が悪い時には外出したくないという人が多いため、Uber Eats(ウーバーイーツ)に限らずデリバリーサービスを利用する人は多くなるのです。

一方で、雨の日の配達は濡れるのはもちろん危険もありますから、稼動する配達パートナーの数は減る傾向にあります。
ですから、雨の日は配達リクエストが多く、報酬アップが期待できるのです。

配達パートナーの中には、敢えて雨の日に配達に出ている人も少なくありません。

雨の日はインセンティブが付く

雨の日が稼ぎ時だというもう一つの理由が、インセンティブです。
雨の日は配達パートナーが少なくなる傾向にあるため、配達報酬とは別にボーナスが貰える事があります。

「クエスト」と呼ばれるシステムで、一定の配達回数を達成すると別途報酬が付くのです。
ですから、1件当たりの報酬単価が高くなり、収入が増える可能性が高くなります。

クエストは、雨の日だからと言って必ず発生するわけではありませんが、このようなシステムを活用する事でより稼ぐ事が出来るでしょう。

雨の日のUber Eats(ウーバーイーツ)配達はどんな服装・装備でするべき?

雨の日のウーバーイーツ配達はどんな服装・装備でするべきか

報酬アップが期待できる雨の日の配達。
しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は自転車や原付バイクで行う人がほとんどです。

どのような服装や装備で行うべきなのでしょうか。
いくつかのポイントをご紹介しましょう。

雨カッパは必須

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を雨の日に行う際には、雨カッパは必須でしょう。
傘をさして運転する訳にはいきませんし、コンビニのカッパなどでは追い風などで雨が入り結局ずぶ濡れになってしまう事もあります。

出来ればセパレートタイプのレインウェアが便利です。
ただし、自転車の運転ではかなり体温が上昇しますので、生地を選ばなければ蒸れてしまいます。

少し値は張りますが、ゴアテックスなどを採用した発散性のあるものがおすすめです。

スマホにも防水カバーを装着

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中は、スマホで地図を確認しながら店舗やお届け先に向かいます。
多くの配達パートナーは、直ぐに確認できるようにとスマホホルダーを使用しているでしょう。

しかし、雨の日にスマホをスマホホルダーに置いていては濡れて故障する恐れもあります。
ですから、スマホにもしっかりと防水カバーを装着しましょう。

コストを掛けたくない場合は、ジップロックなどに入れて対応している配達パートナーもいるようです。

バック

雨の日の配達で気になるのが、背中の配達バッグですよね。
配達中はバッグや料理が濡れないようにカバーをしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バックは防水チャックなので通常は雨は入らないようになっています。
しかし、昔のモデルではそのようなタイプでは無いものもありますし、古くなってくると機能も低下します。

バックの隙間から雨が入り込んで料理が濡れてしまったという人もいるようです。
また、雨の日の配達後のバックのお手入れも重要なポイント。

バックにカビが生えてしまっては、料理を配達する事が出来ません。
配達を終えたら、中までしっかりと乾燥させ防水スプレーなどを吹きかけメンテナンスをしましょう。

雨の日のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は危険!注意点

ウーバーイーツの雨の日の配達は危険

雨の日の服装や装備については把握して頂けたかと思います。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬アップを目指して、雨の日の配達を頑張ろうと思った方もいるでしょう。

しかし、雨の日の配達には危険を伴います。
注意点についてしっかりと把握し、気を付けて配達する事が重要なのです。

雨の日の配達の注意点について、詳しく見ていきましょう。

道路の運転に注意

Uber Eats(ウーバーイーツ)の雨の日の配達は、とにかく自転車や原付バイクの運転に注意が必要です。
雨が降っていると視界が狭くなり、事故に遭うリスクや道を間違えてしまう可能性もあります。

特に、マンホールや横断歩道等の白線は濡れていると非情に滑りやすく転倒の危険があるのです。
ちょっとした段差も障害物になり得ますので、細心の注意を払いましょう。

カーブを曲がる時には速度を落とし、急ブレーキを掛けない事も重要なポイントです。

建物の中でも注意が必要

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、店舗やオフィスなどの建物内に入る機会も多いものです。
雨に濡れた状態で建物の中を歩き回ってしまうと、床がベタベタになってしまいます。

ですから、雨の日の配達で店舗や建物に入る際は、しっかりとカッパなどの水気をふき取ってから入りましょう。
雨の日は、吸水性の優れているスイムタオルを用意しておくのがおすすめ。

また、既に建物の床が濡れている可能性もありますから、配達時には滑って転ばないように注意しましょう。
転倒して料理をこぼしてしまう原因にもなります。

歩行者の傘に注意

雨の日の歩道は、傘を差した歩行者で溢れます。
そのせいで、配達中に道を阻まれる事も多くあるのです。

傘を避けるために車道に出なければならない事もあり、事故の危険も伴います。
また、迂回しながらの運転では、配達バッグも傾きやすいため料理の偏りやこぼれの原因にもなります。

晴れた日に比べて配達に時間が掛かるため、予定時刻に間に合わないという事態にもなり兼ねません。
Uber Eats(ウーバーイーツ)では、電話又はメッセージにてお客さんと連絡を取る事が出来ます。

遅れそうな場合は早めにお客さんに連絡を入れましょう。

配達パートナーが少ない

雨の日は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文が増える一方で、配達パートナーの数が少ない傾向にあるというお話をさせて頂きました。
そのせいで、雨の日は注文できないとも噂されているほど。

ですから、雨の日は遠くのリクエストも多く、長距離の配達をしなければならない機会が多いのです。
もちろん、配達リクエストは拒否する事も出来ますが、割合が多いと受けざるを得ない時もあるでしょう。

雨の中遠くまで料理を配達するのは、非常に体力が要りますし神経も使います。
また、お店までの走行距離に対しては、報酬が付きません。

お店までの距離が遠い配達は、損をする傾向にあるのです。
前の日には、長距離の配達をしなくてはならない可能性があるという事を覚えておきましょう。

あまりにも危険な時は配達をしない

ここまで、雨の日のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達の注意点について解説してきました。
しかし、結論から申し上げると、あまりにも危ないと感じた時には配達をしない事をおすすめします。

配達パートナーになりたてでまだ慣れていないという場合にも、雨の日の配達はおすすめしません。
一口に「雨」と言っても小雨からドシャ降り・風を伴う雨など様々な状態があるでしょう。

危険だと思ったら、無理せず休む事が重要です。

まとめ

ウーバーイーツ雨の日のまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は、時間帯や気候・エリアによっても変動します。
中でも、雨の日は注文が殺到するのに対して配達パートナーが少ないため高収入を得やすいのです。

クエストと呼ばれるボーナスが付く事も頻繁にあります。
前の日の服装は、雨カッパで装備をしましょう。

動きやすいセパレートタイプや、通気性の良いゴアテックス生地のものがおすすめです。
そして、スマホや配達バックにも防水カバーを装着しましょう。

バッグについては、配達後のお手入れも重要です。
カビが生えないようにしっかりと乾燥させ、防水スプレーなどを吹きかけておきましょう。

雨の日の配達には、様々な危険も伴います。

  • 運転中の転倒
  • 建物の中を濡らさない
  • 歩行者の傘に行く手を阻まれる
  • 遠くのリクエストが多い

上記の事にしっかりと注意して配達を行う事が重要です。
とは言え、危ないと感じた際は無理をせず配達を休みましょう。

【好きな時間に働いて報酬を得る】

Uber Eats配達パートナーで働くメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 1時間だけでも空いた時間に配達が可能
  • 自転車、原付バイク、軽貨物車両で配達
  • 週単位で指定口座に振り込まれる

空いた時間に出来るという事で、副業として行っている人が多くいます。
週単位での支払いなので、急にお金が必要になったという方でもすぐに稼ぐ事が出来るのは魅力です。

Uber Eats配達パートナー募集

「副業をしたいけどアルバイトをするほど時間がない」「早くお金がほしい」という方におすすめです。

⇒「Uber Eats配達パートナーに登録をしてみる。