ウーバーイーツの給料

最近話題のフードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)。
利用するだけでなく、その新しい働き方にも注目が集まっています。

しかし、実際にどのくらいの報酬がもらえるのかというのは、気になる所でしょう。
安いという噂もあるようです。

そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は本当に安いのか、計算式やシステムについて詳しく解説したいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は、実際にどのくらいなのでしょうか。
また、どのようなシステムで最終的な報酬が決まるのかも、気になるところです。

こちらでは、配達パートナーの報酬の詳細について順番に解説していきたいと思います。

配達パートナーの報酬システム

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は、次のようなシステムで計算されます。

計算式

報酬= (1) 基本料金 × (2) ブースト + (3) 特別キャンペーン(不定期)-(4) サービス手数料

こうして見ても、何のことだか分かりませんよね。
ここからは、配達パートナーの報酬に関わるそれぞれの項目について、順番に詳しく解説していきます。

配達の基本報酬

まず、配達の基本報酬について見ていきましょう。
基本報酬には細かく3種類あります。

お店から料理を受け取る際に発生するのが「受け取り料金」。
そして、お客さんの元に運んだ際に発生するのが「受け渡し料金」です。

それに、運んだ距離によって発生する距離料金が加算されます。
この3つの料金を合わせた金額が、配達パートナーの基本報酬です。

基本報酬は、実は地域によって異なります。

基本料金表

東京・埼玉・千葉 横浜・川崎 大阪・京都・神戸・名古屋・福岡
受け取り料金 300円 130円 136円
受け渡し料金 170円 70円 63円
距離料金 150円/km 60円/km 45円/km

東京・埼玉・千葉エリアとその他のエリアでは、ずいぶん報酬に差がありますね。
しかし、このエリアでは後程ご紹介するサービス料も高く設定されているため、手元に入る報酬には大きな差はないでしょう。

ブースト

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬を左右する大きな要因の一つが、ブーストです。
ブーストとは、注文が混み合う時間帯やエリアでの配達報酬が上がるシステム。

ブーストは一定ではなく「1.1倍」「1.5倍」「1.8倍」など倍率にも幅があり、曜日や時間帯によって変動します。
ブーストは手数料を引く前の金額に掛かるため、手数料が高い東京や千葉・埼玉エリアでは思った以上に手元に入る報酬の金額は上がるでしょう。

特別キャンペーン(不定期)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬には、特別キャンペーンでインセンティブが付く事があります。
通常の報酬とは別に、金額が上乗せされるのです。

Uberアプリには、「クエスト」や「プロモーション」として表示されます。
クエストは「回数インセンティブ」とも言われ、不定期で発生します。

その期間中に配達を行うだけで、配達の報酬とは別にインセンティブが付くのです。
主に、ピークタイム(ランチ・ディナータイム)や雨の日・土日に発生します。

配達パートナーの間では「雨の日インセ」「土日インセ」などと呼ばれてるようです。
クエストは配達距離ではなく回数に応じて付きますから、期間中にいかに多くの件数をこなすかで報酬は大きく変わります。

ですから、クエストが発生している時は遠くよりも短い距離の配達がお得なのです。
クエストが発生する際は前日までにメールが来ますから、見逃さないようにチェックしましょう。

Uberサービス料

先程の、配達の基本報酬から手数料として引かれてしまうのが、Uberサービス料です。
サービス料についても、以下のように地域によって差があります。

エリア サービス料
東京・埼玉・千葉 基本料金の35%
横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡 基本料金の5%

先程、配達の基本報酬が高く設定されていた東京・埼玉・千葉では、35%ものUberサービス料が引かれてしまうのです。
しかし、ブーストや特別キャンペーンに対しては掛からないので安心して下さい。

いつ振り込まれる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬がいつ振り込まれるのかという事も、気になりますよね。
まず、報酬は1週間ごとに手渡しではなく振込みによって支払われます。

働いた週の翌週に、毎週振り込まれる仕組みになっています。
日曜日が締め日なので、月曜日からの1週間分が翌週に振り込まれます。

海外から振込みされるため、振込日は銀行によって異なりますが基本的には火曜から木曜の振込みが多いようです。
振込手数料はありません。

ただし、海外からの振込には金融機関からの確認の電話が掛かってくる場合が多いようです。
SNSなどを見ていると毎回掛かって来る銀行もあるようで、毎週振り込みの度に確認電話に応答しなくてはならないのは面倒と言えます。

また、海外銀行からの振り込みに対するセキュリティが厳しく、正常に振り込まれないというトラブルが起こる事もあるようです。
振込先の金融機関をどこにするのかは、重要なポイントと言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、そのようなトラブルの少ない三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行を推奨しています。
尚、以下の金融機関は報酬の振込先に指定できないので注意しましょう。

  • ゆうちょ銀行
  • ネット銀行
  • 信用金庫

報酬の明細はあるのか

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達をした分の報酬について、明細はあるのでしょうか。
明細は、アプリでチェックする事が出来ます。

その他にも、リアルタイムの報酬や振込予定の金額・過去の振込履歴や明細なども細かく確認できますので非常に便利です。
一週間ごとに稼働の件数や報酬を振り返る事が可能なので、時給に換算して計算したり、どうしたらもっと稼げるようになるのか等の対策を練る材料にもなるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ドライバー報酬の口コミ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、実際にはどれくらいなのでしょうか。
実際にドライバーをしている人のSNSの口コミをいくつかピックアップしてみました。

配達パートナーの報酬は、時間や回数・ブーストなど様々な条件によって変動します。
実際のコメントでも、高い報酬を得ている人もいれば、安いと嘆いている人もいました。

また、彼らも常にその状態という訳ではなく、日々変動するものでしょう。

時給で計算すると?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬を、時給で計算するとどれくらいなのでしょうか。
あるサイトでは、時給800~2,000円ほどが目安となっています。

先程のSNS投稿でも、平均すると時給1,500円前後が多かったように思います。
ブーストやクエスト等を上手く利用すれば、時給2,000円以上も可能でしょう。

尚、サービス開始当初は、配達報酬が基準額に満たなかった場合に不足分を追加してもらえる「時給保証」が出る事があったようです。
非常に嬉しい保証ですが、現在はほとんど行っていません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を上げるポイント

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を上げるポイント

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬を上げるには、いくつかのポイントがあります。
ポイントを押さえるだけで、1回あたりの報酬や時給に換算した収入が大きく変わるのです。

是非参考にしてみて下さい。

インセンティブで報酬アップ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬をアップするポイントの一つが、インセンティブです。
クエスト(回数インセンティブ)が付いている時には、とにかく効率よく配達の回数をこなす事が鍵となります。

事前にメールなどで知らせてくれますから、メールやアプリでしっかりとチェックしておきましょう。

雨の日に頑張る

雨の日は、稼働する配達パートナーの数が減るのに対して、注文依頼は増える傾向にあります。
そのため、雨の日にはブーストが発生したり、雨の日のインセンティブが付いたりするのです。

ですから、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を上げるためには、雨の日に配達を頑張る事が大きなポイント。
雨の日は運転も料理を運ぶのも大変ですが、高収入を狙うチャンスと言えます。

お天気が悪く、外に出る事が難しいお客さんのために、美味しい料理を運んで差し上げましょう。

人気店で待機する

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文があったお店の近くで待機(オンライン)にしている配達パートナーに依頼を出します。
人気のある店舗は配達依頼が何回か来る事が予測されるため、激戦のブースト発生時などにも依頼が回ってくる可能性が高いのです。

ブースト発生時に効率よく配達をこなす事で、報酬アップが狙えるでしょう。
マクドナルドやケンタッキーフライドチキン等のファストフード店や、SNSなどで話題のお店で待機するのがおすすめです。

配達員の多いエリアを避ける

定期的にブーストが発生している時間帯などは、多くの配達パートナーが高ブーストエリアに集中する傾向にあります。
せっかく高収入を狙ってブースト発生地域で待機していても、依頼自体がそこまで回って来ない日もあるのです。

そこで、敢えて配達員の多い高ブーストエリアを避けるというのも一つの戦略と言えます。
ブーストが発生していないエリアに配達パートナーが少なければ、単価は低くても回数を稼ぐ事が出来る可能性があります。

1軒あたりの報酬ではなくトータル面を考える事も、報酬アップのポイントの一つなのです。

チップがもらえるってホント?

海外のUber Eats(ウーバーイーツ)では、配達パートナーにチップを支払う習慣がある国は多いようです。
アプリのオプションに組み込まれている国もあるほど。

日本ではどうなのでしょうか。

SNSには、少なからずチップを貰えたという投稿がありました。
とは言え、日本はチップという習慣自体があまり無い国です。

チップを報酬以外の収入のあてにするほどでは無いでしょう。

走行距離としてカウントされるのはドロップ時のみ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、距離によって支払われる報酬があるという解説をしました。
しかし、単に長い距離を走ったからと言って報酬が上がる訳ではないのです。

実は、ピックアップ(料理を受け取りに行く間)の移動に関しては、走行距離としてはカウントされません。
カウントされるのは、ドロップ時(レストランから配達先まで)の距離のみ。

ですから、現在地から店舗までは遠く、そこから配達先までが近いというような場合では、頑張って移動した割に報酬が少ないという結果になるのです。
配達リクエストが来る際には、お店までのおおよその時間が表示されます。

現在地からピックアップ地点までがあまりにも遠い場合は、拒否をした方が良いでしょう。

自転車より原付バイク

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達には、自転車もしくは原付バイクの使用が可能です。
隙間時間にちょっと稼ぐには自転車が手軽で便利ですが、しっかり稼ぎたい人には原付バイクをおすすめします。

それには、以下のような理由が挙げられます。

  • 長距離の配達を出来て報酬が高くなる
  • 配達時間が短くなるので件数がこなせる
  • 体力が奪われない

自転車よりも原付バイクの方が、長時間・長い距離を回数配達するのに向いているのです。
ただし、ガソリン代や保険代、メンテナンス費用などは全て自己負担になりますので、報酬と経費のバランスを考えて選択しましょう。

招待ボーナス

友人や知人からの紹介でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めようと思っている人もいるでしょう。
その場合、登録時に友人からの招待コードを入力すると、条件に応じて招待ボーナスをもらう事が出来ます。

ただし、登録時にしかコードの適用は出来ませんので、必ず忘れずに行いましょう。
事前のWEB登録時に忘れてしまった場合は、本登録の際にスタッフに言うと適用してれます。

また、すでに配達パートナーとして登録が完了してしまっている人も、今度は友人を招待すればボーナスが入るのです。
ボーナスの要件や金額などは、都市によって異なります。

報酬とは別にボーナスが貰えるのは、非常に嬉しいシステムですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになって報酬を得るには?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになって給料を得る

配達パートナーの報酬について、詳しく解説してきました。
ここからは、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになって収入を得る方法について、詳しく解説していきたいと思います。

配達パートナー登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのになる方法は、難しいものではありません。
面接などは無く、各地で行われている説明会へ行き登録をします。

その前に、WEB登録をしてアカウントの作成をしましょう。
こちらから簡単に行なえます。

>>Uber Eats配達パートナーに登録してみる。

WEB登録は簡単で、書類さえ手元に用意しておけば約10分程度で完了します。

1:必要事項の入力
2:必要書類のアップロード
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 氏名
  • 都市

上記を入力すると、4桁のコード番号が送られてきます。
そちらを入力して進み、配達方法を選びましょう。

次に、必要書類のアップロードをします。

【自転車の場合】

・身分証明書(パスポート 、運転免許証、マイナンバーカード 、住民基本台帳カード、小型船舶操縦免許証、学生の方のみ学生証と健康保険証の組み合わせも可能)
・プロフィール写真

※学生証と健康保険証の組み合わせの場合、2つの書類が同じ画像に収まるように撮影したものをアップロードしてください。
どちらかが欠如していたり、不鮮明な場合は受理でき兼ねます。

【原付バイクの場合】

・プロフィール写真
・運転免許証
・自賠責保険証書(ナンバープレート番号が記載されているもの)
・ナンバープレートの写真
※外国籍の場合は在留カードが必要

これでWEB登録が完了です。
実際に配達するには、説明会へ行き本登録をする必要があります。

本登録は、お近くのパートナーセンターで行います。
WEB登録でアップロードした書類を念のため持参しましょう。

手続きは30分程度で終わるようです。
予約は必要ありませんので、営業時間内に直接行きましょう。

配達パートナーの仕事の流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー登録が無事に済んだら、いよいよ配達する事が出来るようになります。
実際の配達パートナーの仕事の流れについて、順番に見ていきましょう。

1:アプリを起動する
2:待機する
3:配達リクエストを受ける
4:加盟店に向かう
5:加盟店で料理を受け取る
6:お客さんの指定する場所に配達する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事には、シフトや時間の縛りがありません。
自分の手の空いた時、気が向いた時など好きなタイミングで配達を行えば良いのです。

配達を開始するには、まずUberアプリを起動します。
アプリを起動している時にだけ、配達リクエストが届く仕組みになっています。

依頼が来るまでは自由に待機していましょう。
配達リクエストが届いたら、タップして依頼を受けます。

アプリの地図上に現在地からお店までの道のりが表示されますから、向かいます。
お店に到着したら、「ウーバーです!」と挨拶をして注文番号を店員さんに伝えて下さい。

料理が手渡されるので、丁寧に配達リュックに入れましょう。
「配達を開始する」をタップすると、今度はお店から配達先までの経路が表示されます。

料理がこぼれないように注意して向かいます。
お客さんの指定した場所に到着したら、料理を渡しましょう。

基本的には登録時のカードで支払いが済んでいますから、そのまま挨拶をして配達は完了です。
ここまでが1件の配達としてカウントされ、距離やブースト・インセンティブなどを加味した金額が報酬として支払われます。

途中、アプリの不具合や道が分からないなどのトラブルがあった際は、サポートセンターに問い合わせる事で指示を仰ぐことが出来ます。

サポートセンター

0800-700-6754

配達パートナー専用のパートナーセンターという窓口もあります。
そちらは地域によって連絡先が異なりますので、登録の際に貰っているカードを確認してみて下さい。

配達パートナーの注意点

配達パートナーの登録をする際には、いくつか注意点があります。
報酬にも関わる事ですから、把握しておきましょう。

  • 始めの4週間はバッグのデポジット代が引かれる
  • モバイルバッテリーは必須
  • データ通信量の消費が大きい

まず、配達パートナーの登録時には、配達バックのデポジット代として8,000円を預ける事になっています。
これは、一度に支払うのではなく、始めの4週間で2,000円ずつ計4回に渡り報酬から引かれる形で預けるのです。

ですから、配達を始めて最初の4週間は、報酬-2,000円という事になりますので覚えておきましょう。
また、配達中に充電が切れてしまうと、稼働できないどころか連絡が途絶えてしまいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事には、モバイルバッテリーは必須と言えます。
そして、意外に見落としがちなのが、データ通信量の消費が大きいという点です。

仕事をするエリアでは、無料Wi-Fiがどこにあるのかを下調べしておく事が重要なポイントと言えます。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)給料まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は、以下のようなシステムで計算されます。

報酬の計算

報酬= (1) 基本料金 × (2) ブースト + (3) 特別キャンペーン(不定期)-(4) サービス手数料

基本料金とは、受け取り料金・受け渡し料金・距離料金を合わせた報酬。
エリアによって大きな差があります。

ブーストとは、注文が込み合う時間帯やエリアでの配達報酬が上がるシステムです。
ブースト発生時には基本料金が高くなるため、高収入の鍵とも言えます。

不定期に発生する特別キャンペーンでは、基本料金とは別にインセンティブが付くのです。
そして、基本料金から手数料として引かれるのが、Uberサービス料。

報酬は1週間ごとに手渡しではなく振込みによって支払われます。
海外からの振込ですから金融機関からの確認電話や振込がされない等、煩わしい事もあるでしょう。

以下の記入機関は、報酬の振込み先には出来ません。

  • ゆうちょ銀行
  • ネット銀行
  • 信用金庫

報酬の明細は、アプリでチェックする事が出来ます。
配達パートナーの報酬については、高い報酬を得ている人もいれば、安いと嘆いている人もいました。

公式サイトでは時給800~2,000円ほどが目安となっていますが、ブーストやクエスト等を上手く利用すれば、時給2,000円以上も可能でしょう。
報酬を上げるポイントは、以下の通りです。

・クエスト発生時に数多くこなす
・雨の日に頑張る
・人気店で待機する
・配達員の多いエリアを避ける
・現在地からピックアップ地点までが遠い場合は拒否する
・長時間なら自転車より原付バイク
・招待ボーナスを活用する

配達パートナーの登録方法は、以下の手順で行いましょう。

  • 事前にWEB登録
  • 説明会へ行き本登録

必要書類や条件などがありますので、確認しておきましょう。
配達パートナーの登録時には、以下の点に注意が必要です。

  • 始めの4週間はバッグのデポジット代が引かれる
  • モバイルバッテリーは必須
  • データ通信量の消費が大きい

配達パートナーの仕事は、アプリを起動して依頼を受け、料理をお客さんの所まで運ぶ毎に報酬がもらえるのです。
様々な仕組みを活用して、Uber Eats(ウーバーイーツ)で高い報酬を得ましょう。

【好きな時間に働いて報酬を得る】

Uber Eats配達パートナーで働くメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 1時間だけでも空いた時間に配達が可能
  • 自転車、原付バイク、軽貨物車両で配達
  • 週単位で指定口座に振り込まれる

空いた時間に出来るという事で、副業として行っている人が多くいます。
週単位での支払いなので、急にお金が必要になったという方でもすぐに稼ぐ事が出来るのは魅力です。

Uber Eats配達パートナー募集

「副業をしたいけどアルバイトをするほど時間がない」「早くお金がほしい」という方におすすめです。

⇒「Uber Eats配達パートナーに登録をしてみる。