ウーバーイーツの支払い

最近様々なメディアで紹介されているUber Eats(ウーバーイーツ)。
新しい発想と仕組みで話題のフードデリバリーサービスです。

海外発のサービスですが、日本に上陸してから数年で関東から九州まで全国的にエリアを拡大しています。
そんなUber Eats(ウーバーイーツ)の支払方法はどのようになっているのでしょうか。

一部の地域では、現金での支払いも可能になっています。
今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払方法や現金決済などについて詳しく解説していきたいと思います。

これからUber Eats(ウーバーイーツ)に登録しようとお考えの人も、既にユーザーになっているという人も参考にしてみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払いはクレジットカード

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払方法は、基本的にカード決済です。
アプリをインストールした際に登録したクレジットカード又はデビットカードで、自動的に支払いが完了する仕組みになっています。

クレジットカードは、VISA・Mastercard・JCB・Diners・AmericanExpress等が利用可能です。
デビットカードは三菱UFJ銀行VISAデビットや、みずほ銀行JCBデビットなどの各種カードが利用できます。

カードには、使えないものもあるので注意しましょう。
その他、LINE Payカードも利用が出来ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文するには、アプリをインストールして登録する必要があります。
その際に、お手持ちのカード情報を入力し登録する事で支払いが可能になるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録は、以下の手順で行って下さい。

1:アプリをインストール
2:電話番号を登録
3:4桁のコード番号を入力
4:メールアドレスの登録
5:アカウントのパスワードを設定
6:氏名を登録
7:クレジットカード又はデビットカードを登録

ここまで完了すると、直ぐに注文が可能になります。
登録できない場合や認証エラーになる場合は、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターに問い合わせてみましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)サポートセンター   0800-700-6754

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金支払いが一部可能に!

ウーバーイーツで現金支払いが可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は、基本的にカード決済というお話をしました。
しかし、カードを持っていない人や、なるべく使いたくないという人も少なくありません。

そこで、現金での支払いが一部の地域で可能になりました。
2019年2月より京都・神戸・名古屋・福岡エリアでスタートし、2019年からは東京・埼玉・千葉・横浜エリアでも始まっています。

現金決済が可能になった事で、利便性は更に増します。
今まで利用できなかった人・しなかった人の登録も増えてくる事でしょう。

現金支払いは税込み10,000円まで

現金支払いが始まったUber Eats(ウーバーイーツ)。
更に便利になって、カードが無くても料理を注文する事が出来ます。

ただし、現金支払いが出来るのは税込み10,000円までです。
それ以上の金額になってしまった時には、カードでの支払いしか出来ません。

また、酒類を含む注文の場合の支払いは現金では対応してくれないのです。
お酒を配達して欲しい時や、大人数での食事で大量の料理を注文したい場合は、2回に分けて別で注文しなくてはならないでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法を変更するには

ウーバーイーツ支払い方法を変更するには

これまでカード決済でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用してきたけれど、現金での支払いに変更したいという人もいるでしょう。
そういう場合でも、対応エリアであれば簡単に設定する事が出来ます。

まず、アプリを開いて右下にあるプロフィール(人間アイコン)をタップします。
「お支払い」を開いて「お支払い方法の追加」→「現金」の順にタップしてください。

注文の際に、支払いの「cash」という項目を選べば現金での支払いが出来ます。
配達パートナーが到着する前に、なるべくお釣りの無いように現金を用意しておきましょう。

支払方法は注文の都度変更が出来ますから、非情に便利です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)現金支払いとクレジット決済のメリット・デメリット

ウーバーイーツ現金支払いとクレジット決済のメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、一部の地域で現金決済とカード決済の選択が出来ます。
どちらが良いのかと、迷ってしまう人もいる事でしょう。

そこで、現金での支払いとカード決済、それぞれのメリットやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

現金支払い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文で現金支払いを選択すると、以下のようなメリットがあります。

メリット

・カードを持っていなくても注文できる
・支払いが分かりやすい

デメリット

・現金を用意しなくてはならない
・お釣りのないように気を遣う
・配達パートナーと直接やりとりが必要
・一括払いしか出来ない
・酒類や税込み10,000円を超える注文では利用不可

カードを持っていない人や、なるべく現金でスッキリと支払いをしたいという人にはおすすめです。
しかし、料理が届くまでに現金を用意しておかなければならない事や、「玄関先に置いておいて」という事が出来ないデメリットもあります。

また、酒類を含む注文や税込み10,000円を超える場合は現金支払いは利用不可ですので、注意をしましょう。

カード決済

カード決済のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

・手間が無い
・配達パートナーと顔を合わせなくて良い
・カードのポイントが貯まる
・分割払いが可能

カードで支払いをするメリットは、手間が掛からないという事です。
注文完了時に自動的に支払いも完了しますから、配達パートナーと顔を合わせなくても料理を受け取る事が出来ます。

忙しい人には非常におすすめです。
また、カードのポイントが貯まるのもメリットでしょう。

カードでの分割支払いも利用できますから、その場の出費を抑えたい時にも便利です。

デメリット

・カードを持っていないと注文できない
・カードの期限が切れたら再登録が必要
・つい使い過ぎてしまう可能性がある

カードでの支払いのデメリットは、そもそもカードを持っていないと注文が出来ないという事です。
現金支払いが始まっていないエリアでは、利用したくてもカードが無いという理由で出来ない人もいるでしょう。

また、クレジットカードには期限がありますから、切れる度に再登録する必要があります。
カードの場合は、実際に支払いをするのが数週間後~数か月後になりますから、つい使い過ぎてしまうというリスクもあるでしょう。

このように、現金・カードそれぞれにメリット・デメリットがあります。
それらを踏まえ、状況に応じて支払い方法を使い分ける事で、より便利にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する事が出来るしょう。

まとめ

ウーバーイーツ支払いのまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払方法は、基本的にはカード決済です。
アプリの登録時にカードの登録も済ませます。

注文時には、自動的にカードで支払いが完了しますので、非常に便利なのです。
しかし、カードを持っていない人や使いたくないという人も少なくありません。

そこで、2019年から現金での支払いも一部の地域で可能になり、利便性も増しました。
支払いを現金でするかカードでするかは、その都度選択が可能です。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

現金支払いのメリット・デメリット

・カードを持っていなくても注文できる
・支払いが分かりやすい
・現金を用意しなくてはならない
・お釣りのないように気を遣う
・配達パートナーと直接やりとりが必要
・一括払いしか出来ない
・酒類や税込み10,000円を超える注文では利用不可

カード決済のメリット・デメリット

・手間が無い
・配達パートナーと顔を合わせなくて良い
・カードのポイントが貯まる
・分割払いが可能
・カードを持っていないと注文できない
・カードの期限が切れたら再登録が必要
・つい使い過ぎてしまう可能性がある

支払い方法を選択出来るようになった事で、より便利にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できるようになりました。
状況や金額に応じて、最適な支払い方法を選びましょう。

【人気料理を家の前まで配達してくれる】

Uber Eatsで注文をするメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 出来立て料理を玄関前まで届けてくれる
  • 受け取りで顔を合わせる必要がない
  • 金額に関わらず配達してくれる
  • 加盟店舗が多い

他の出前サイトである「〇〇円以上で配達」という制限がありません。
自分の好きな量だけ注文できるというのは魅力です。

また、玄関の前に料理を置いてもらう事も出来るため、配達員と顔を合わせたくない人にもおすすめ。

【a】Uber Eatsフードデリバリー注文

「ちょっとだけデリバリーしたい」「すぐに食べたい」「色々な料理を食べた」という方におすすめです。

⇒「>>Uber Eatsで注文してみる。