ウーバーイーツのトラブル

近頃話題のUber Eats(ウーバーイーツ)。
SNSの投稿や、テレビ等でも紹介されているのをよく目にします。

料理を届けて欲しい人・お店・配達したい人を繋ぐ、画期的なフードデリバリーサービスです。
一度は利用してみたいと思っている人も多いでしょう。

また、空いた時間を利用して自由に仕事が出来るという事で、お届けする側の配達パートナーにも注目が集まっているようです。
しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用するにあたって、トラブルや注意点などは無いのでしょうか。

そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)で考えられるトラブルと、その原因や対処方について詳しく解説していきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でのトラブル事例

Uber Eats(ウーバーイーツ)でのトラブルは、実際にどのような事例があるのでしょうか。
SNSでは以下のようなコメントや投稿がありました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文トラブルの原因と対処法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文トラブルの原因と対処法

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、複数のトラブル事例があるようです。

  • 注文した料理のトラブル
  • お届けについてのトラブル
  • 配達パートナーについてのトラブル
  • 注文が出来ない

届いた料理が寄ったりこぼれてしまっている・間違っているというトラブルは、SNS等でも多く見られました。
また、中々来ない・遅いというコメントもありました。

配達パートナーの態度が悪くて不愉快な思いをしたという人もいるようです。
アプリやカードの不具合で注文できないというのは、利用する上で非常に困ってしまうトラブルですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、自社が全てを担っている訳ではなく、それぞれをマッチングするサービス。
便利である一方で、様々なトラブルが起こるのはそのようなサービス形態が原因の一つとも言えます。

クレジット決済がエラーになる

注文をしようとしても、クレジット決済がエラーになってしまうというトラブルがあります。
それは、以下のような原因が考えられます。

  • クレジットカードやデビットカードの番号が間違っている
  • クレジットカードやデビットカード自体に問題がある
  • スマホ側の不具合
  • アプリの不具合

まず、入力したカードの番号・名前・セキュリティコード等の情報が正しいかどうかを確認しましょう。
正しく入力できているのにエラーになってしまう場合は、クレジットカードやデビットカード自体に問題がある事も考えられます。

上限額を超えていたり、有効期限が切れていないかを確認してみましょう。
デビットカードの場合は、残高が足りないという事も考えられます。

また、スマホを再起動したら直ったという事例もあるようですから、スマホ側の不具合である可能性もあるでしょう。
アプリの不具合の場合は、面倒ですが一度アプリをアンインストール(削除)し、再度インストールする事で正常に戻る事もあります。

これらの対処を全て試してみてもエラーになる場合は、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターに相談してみましょう。

サポートセンター電話番号「0800-700-6754」

配達パートナーが中々来ない

とにかく届くのが速いという口コミが多いUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、注文した料理が中々届かないというトラブルも少なからずあります。
その原因はいくつか考えられますが、配達パートナーが道に迷っている可能性があるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、マップ上で配達パートナーの追跡がリアルタイムに出来ます。
マップを見て、道に迷っているようでしたら誘導してあげる事が一番の対処法でしょう。

配達パートナーと連絡を取るには、地図の近くにある [連絡する] をタップして電話かメッセージのどちらかを選択しましょう。

料理がこぼれている・冷めている

やっと料理が届いていざ食べようと思ったら、料理がこぼれていたり冷めてしまっている事があります。
これは、楽しみにしていた人ほど残念なトラブルと言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、料理をリュックサックに入れ背負って運びます。
ですから、料理の偏りについては多少は理解をしましょう。

また、寒い季節や配達距離が遠い場合、配達パートナーがどんなに頑張って運んでくれても冷めてしまう事はあります。
こぼれてしまうというのは問題ですが、その原因は店側の包装不足である可能性もあるのです。

対処法としては、無料で交換・または返金をしてもらう事が出来ます。
ただし、その手続きは自分でアプリからしなければなりません。

また、一旦はそのまま受け取ってBAD評価をして、理由として「商品が破損していた」を選択するのも良いでしょう。
保障とまでは行きませんが、クーポンなどで還元される場合もあります。

その際は、こぼれた料理の写真を撮っておきましょう。

料理が間違っている

Uber Eats(ウーバーイーツ)で調理を頼んだら、間違ったメニューが届いたというトラブルがあります。
これは、お店側が入れ間違えている事がほとんどの原因でしょう。

運んできた配達パートナーに連絡をしても良いのですが、公式サイトではサポートセンターへ連絡をしてお知らせ下さいとなっています。
その際に、不足または誤りの具体的な情報と、受け取った商品の写真の添付を求められます。

返金対応をしてもらえますが、本来のメニューに関しては再度注文しなければなりません。

配達パートナーの態度が悪い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、自社で教育を受けたバイトや社員などではなく、登録をした一般の人が行っています。
その中には、態度が悪い人もいるようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、最後に配達パートナーの評価を付ける事が出来ます。
態度が悪い配達パートナーには「BAD評価」を付ける事ができ、あまりにも悪い評価が付くと配達する事が出来なくなります。

それで不快な気持ちやトラブルが解決する訳ではありません。
しかし、次に利用する人やサービス向上のためにも、態度が悪い配達パートナーの評価をする事は悪い事ではないでしょう。

もちろん、個人事業主としてしっかりお客さんの事を考え、気持ちの良い配達をしてくれるパートナーさんも沢山いますので、態度が悪いのはごく一部の人だと言えます。

配達パートナーが途中で失踪

ありえないと思うかもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中に商品を持ったまま失踪してしまう配達パートナーがいるようです。
これは非常に困りますよね。

このようなトラブルに遭遇してしまった時は、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターへ連絡をしましょう。
返金対応が取られる事が多いようです。

とは言え、新たに注文したい場合は自分で再度注文をしなくてはなりません。
配達パートナーには、「もうすぐ料理が届く!」と楽しみに待っているお客さんがいる事を忘れないで欲しいものです。

まとめ

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、いつでも食べたい料理を好きな場所に取り寄せる事が出来る便利な新サービス。
Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録している配達パートナーが、大きなリュックに商品を入れて運んで来てくれます。

しかし、様々なトラブル事例もありますから、利用の際には注意が必要です。

・注文した料理のトラブル
・お届けについてのトラブル
・配達パートナーについてのトラブル
・注文が出来ない

SNS等でも多く見られるのが、料理が寄ったりこぼれてしまっている・間違っているというトラブルです。
リュックに入れて自転車や原付バイクで運ぶため、少々の偏りは仕方のない事でしょう。

しかし、こぼれたり潰れてしまうのは問題です。
そんな時は、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターに電話をすると、返金や無料交換の対応をしてくれます。

その他にも、以下のようなトラブルがありますので対策をまとめてみました。

トラブル事例 対策・対処法
クレジット決済がエラーになる カードの情報が正しいか、上限額や有効期限、残高を確認
配達パートナーが中々来ない 配達パートナーに連絡・誘導
配達パートナーの態度が悪い サポートセンターに連絡・BAD評価を付ける
配達パートナーが途中で失踪 サポートセンターに連絡・返金対応

困った時には、サポートセンターに連絡をするのが一番です。
また、事前にお店の評価などを確認しておくのもトラブルにならないコツでしょう。

注意点やポイントを事前に把握しておく事で、Uber Eats(ウーバーイーツ)をトラブルなく快適に利用しましょう。

【人気料理を家の前まで配達してくれる】

Uber Eatsで注文をするメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 出来立て料理を玄関前まで届けてくれる
  • 受け取りで顔を合わせる必要がない
  • 金額に関わらず配達してくれる
  • 加盟店舗が多い

他の出前サイトである「〇〇円以上で配達」という制限がありません。
自分の好きな量だけ注文できるというのは魅力です。

また、玄関の前に料理を置いてもらう事も出来るため、配達員と顔を合わせたくない人にもおすすめ。

【a】Uber Eatsフードデリバリー注文

「ちょっとだけデリバリーしたい」「すぐに食べたい」「色々な料理を食べた」という方におすすめです。

⇒「>>Uber Eatsで注文してみる。