ウーバーイーツ埼玉エリアの登録・注文方法

最近、メディアやSNS等で話題のUber Eats(ウーバーイーツ)。
海外発の同サービスは、2016年に東京に上陸以来エリア拡大に努め、今では全国的に利用可能エリアが増えてきています。

中でも、2018年9月よりサービスを開始したのが、埼玉エリアです。
今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアでの登録方法や注文の流れ、メリット・デメリット等について詳しく解説していきたいと思います。

埼玉エリアで、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用してみようと考えている方は、是非参考にしてみて下さいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアのサービスとは?

そもそも、Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉のサービスとはどのようなものなのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、料理を配達して欲しい人と配達したい人、飲食店とを結びつけるマッチングサービスです。

ユーザーが、スマホのアプリ等を使って料理を注文すると、配達パートナーが指定した場所まで配達してくれます。
配達をしてくれる配達パートナーは、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアルバイトや社員ではなく登録をした一般の人です。

配達用のリュックに料理を入れて、自転車や原付バイクで運んできてくれるのも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の特徴でしょう。
埼玉エリアでも、多くの配達パートナーが活躍しています。

ツイッター等のSNSには、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用したユーザーの口コミが投稿されています。
その一部をご紹介しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達エリアや営業時間

ウーバーイーツ埼玉の配達エリアや営業時間

「Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉」といっても、埼玉県の全ての地域で利用が出来る訳ではありません。
ここからは、気になる配達エリアや加盟店について、詳しく解説していきます。

配達エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアでは、2018年9月からサービスを開始。
当初は、さいたま市の大宮区、浦和区及び中央区を含む一部地域で利用が可能でした。

2019年3月にエリア拡大が行われ、さいたま市南区および戸田市・蕨市・川口市の一部地域でも利用が可能になったのです。
Uber Eats(ウーバーイーツ)では、継続的にエリア拡大に努めています。

現在エリアではない地域でも、この先利用が出来るようになってくる可能性は十分にあります。
アプリでは、お住まいの地域がエリアに追加された場合にお知らせしてくれるサービスがありますので、気になる方は利用してみると良いでしょう。

どんなお店が加盟店になっている?

これからUber Eats(ウーバーイーツ)埼玉を利用しようとお考えの人にとって、どんなお店で注文が出来るのかという点は気になるところでしょう。
埼玉エリアの加盟店舗数は80以上にもなりますが、その一部をご紹介します。

埼玉エリア店舗一覧

ケンタッキーフライドチキン
マクドナルド
松屋
大戸屋
ガスト
日乃屋カレー
武州うどんあかね
GREAT ESCAPE
シャム チャントラー
スシロー
たくぞうのらーめん Takuzou no Ramen
エフェケバブ
まるぼ Marubo
中華料理 三国
新晨美食坊 SHIN SHIN BI SHOKU BOU
すき家
結結 yuiyui
彩流 IZAKAYA SARU
夢庵
グリル アンド バー ブ バーベック Grill & Bar Bu Barbec
手作りチーズケーキの店 ダンテ

お馴染みの人気店から、埼玉ならではのご当地グルメまで、様々な料理がどこでも楽しめるのです。

営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアの営業時間は、午前9時~深夜0時までです。
それ以外の時間はサービスを停止しています。

ただし、この時間の範囲内であっても、お店の営業時間外である場合は利用できません。
アプリの画面上で、「ただいまご利用いただけません」「休業」などとなっている店舗は利用できませんので、他のお店で注文をしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアの登録・注文方法

ウーバーイーツ埼玉エリアの登録・注文方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の、サービス内容についてはお分かり頂けたかと思います。
実際に利用するには、アプリをダウンロードして登録する必要があります。

登録方法や、注文の流れについて見ていきましょう。

登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉に登録をしたい場合は、以下の手順で行ってください。

1:アプリをインストール
2:電話番号を登録
3:4桁のコード番号を入力
4:メールアドレスの登録
5:アカウントのパスワードを設定
6:氏名を登録
7:クレジットカード又はデビットカードを登録

アプリは、App StoreやGoogle Playで「ウーバーイーツ」と検索すると出てきます。
電話番号を登録すると、4桁のコード番号が送られてきますので確認し入力してください。

メールアドレスや氏名の登録と、パスワードの設定を行います。
最後に、お手持ちのクレジットカード又は、デビットカードを登録しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は、基本的にカード決済で行われます。
注文時には、ここで登録したカードで自動的に決済が完了しますので、非常に便利なのです。

注文の流れ

登録が完了したら、直ぐにその場で注文が可能になります。

1:配達先の住所を登録
2:メニューを選ぶ
3:注文確定・支払い
4:配達予定時間が表示される
5:配達パートナーが表示され動き出す
6:料理を受け取る
7:配達パートナーと店舗の評価をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉で実際に注文をする場合は、まず配達先の住所を登録します。
すると、それを基に配達可能な店舗がいくつも表示されますので、その中からお好きな料理を選びましょう。

注文が決まったら、確定をして決済に進みます。
登録済みのカードで決済が完了しますので、支払いに関して特にやる事はありません。

注文が完了すると、アプリの画面が地図に変わり配達予定時刻が表示されます。
しばらくすると地図上に、バイクの形をしたアイコンが現れ動きだします。

これは、今回の料理を配達してくれる配達パートナーです。
Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文から配達までの間、配達パートナーの動きをリアルタイムに追跡できます。

配達パートナーの顔写真も表示されますから、見ず知らずの一般の人が配達に来ると言っても、安全性は高いでしょう。
顔写真の部分をスワイプすると、配達パートナーと直接連絡を取る事も出来ます。

メールか電話を選択できますので、道に迷っている等の様子があれば、連絡して誘導してあげるとスムーズでしょう。
無事に配達パートナーが到着したら、料理を受け取ります。

食事を終えたら配達パートナーと店舗の評価をして、完了です。

料金のシステムは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉で実際に料理を注文するにあたり、料金のシステムは気になるポイントですね。
料理の価格とは別に配送手数料が別途掛かります。

手数料の金額は地域によって異なります。
埼玉エリアの場合、サービス開始当初は一律380円でしたが、現在は距離によって変動するシステムに変更されました。

近い距離のお店で110円~ですが、遠い店舗での注文では一律だった時の380円を超える事もあります。
ですから、なるべく近くの店舗で注文をする事が、Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉をお得に利用するポイントと言えます。

しかし、配送手数料の範囲を指定してお店を検索できるフィルター機能がありますので、予想以上に手数料が掛かってしまったという事態は防げるでしょう。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では多くの店舗で、通常よりも料理の価格は高めに設定されています。
全体的に、イートインよりも高い料金が掛かるという事は、覚えておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアで注文をするメリット・デメリット

ウーバーイーツ埼玉エリアで注文をするメリット・デメリット

ここまで、Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉について色々とお話してきました。
ここからは、ユーザーとして利用する際のメリット・デメリットについて、詳しく解説していきたいと思います。

メリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉のメリットは、沢山あります。

  • とにかく届くのが早い
  • 注文が簡単
  • 1品から配達可能
  • デリバリーサービスを行っていない店舗の料理も配達してもらえる
  • 公園などの野外にも配達可能
  • 配達パートナーと顔を合わせなくても受け取れる

Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文して驚く人が多いのが、配達までの時間が非常に短い事です。
近くの店舗なら、10~15分程度で到着する事も珍しくありません。

注文自体もスマホやタブレット一つで出来ますから、非常に簡単で便利。
コーヒー1杯・サラダ1個など1品からでも配達可能ですので、一人暮らしやちょっとした合間のブレイクタイムにも利用しやすいでしょう。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は会社や自宅以外にも、公園などの野外にも配達をしてくれます。
急に思い立って花見をしたり、ピクニックをする事も出来るとSNS等でも話題です。

時には、体調不良や配達パートナーと顔を合わせたくない時もあるでしょう。
そんな時は、玄関先や配達ボックスに入れておいてもらう事も出来ます。

このように、Uber Eats(ウーバーイーツ)は様々なシーンで活躍してくれるのです。

デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉のデメリットは、割高という点でしょう。
例え100円のコーヒー1杯にも、配達手数料が掛かってしまうのです。

また、先述したようにUber Eats(ウーバーイーツ)では、ほとんどの店舗で通常の料金よりも高めの値段設定がされています。
配達する際にこぼれたり偏らないように、包装などの強化をするのにコストが掛かるからです。

ですから、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する際は、お店で食べるよりも割高になるという事を覚えておきましょう。

まとめ

ウーバーイーツ埼玉のまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、料理を配達して欲しい人と配達したい人、飲食店とを結びつけるマッチングサービス。
埼玉エリアでは、さいたま市の大宮区、浦和区及び中央区、市南区および戸田市・蕨市・川口市の一部地域で利用が可能です。

営業時間は、午前9時~深夜0時までですが、お店が営業している時間に限ります。
Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉を利用するには、アプリをインストールして登録をしましょう。

登録が完了したら、直ぐに注文が可能になります。
配達先の住所を登録しメニューを選んで確定をしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉では、注文した料理に別途配送手数料が掛かります。
距離によって金額が異なりますから、安く抑えたい場合はなるべく近くの店舗で注文をしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)には、以下のような多くのメリットがあります。

  • とにかく届くのが早い
  • 注文が簡単
  • 1品から配達可能
  • デリバリーサービスを行っていない店舗の料理も配達してもらえる
  • 公園などの野外にも配達可能
  • 配達パートナーと顔を合わせなくても受け取れる

ただし、割高になってしまうというデメリットもありますから、普通にお店で食べるより少し金額がかさむという事は覚えておきましょう。

【人気料理を家の前まで配達してくれる】

Uber Eatsで注文をするメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 出来立て料理を玄関前まで届けてくれる
  • 受け取りで顔を合わせる必要がない
  • 金額に関わらず配達してくれる
  • 加盟店舗が多い

他の出前サイトである「〇〇円以上で配達」という制限がありません。
自分の好きな量だけ注文できるというのは魅力です。

また、玄関の前に料理を置いてもらう事も出来るため、配達員と顔を合わせたくない人にもおすすめ。

【a】Uber Eatsフードデリバリー注文

「ちょっとだけデリバリーしたい」「すぐに食べたい」「色々な料理を食べた」という方におすすめです。

⇒「>>Uber Eatsで注文してみる。