Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬は距離料金

アメリア発の新しいフードデリバリーサービスとして、最近注目のUber Eats(ウーバーイーツ)。
どこにでも好きな料理を配達してくれるとあって、SNS等でも多く取り挙げられています。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)が話題になっているのは、その便利さだけではありません。
大きなリュックを背負って自転車や原付バイクで配達をしてくれる、配達パートナーのお仕事も話題なのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、Uberの社員やアルバイトではありません。
登録をした一般の人が配達してくれるのです。

そんな配達パートナーのお仕事に、興味を持っている人も多い事でしょう。
しかし、気になるのが報酬です。

そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは一体どれくらいの料金(報酬)がもらえるのか、実際に稼げるのか等について詳しく解説していきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの登録方法や料金

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くには、登録をしなければなりません。
登録には、「18歳以上である事」と「日本国内で就労できる事」の2つの条件があります。

この条件を満たしている人であれば、例え高校生でも配達パートナーになる事が出来るのです。
また、年齢に上限はありません。

登録方法や登録料金について見ていきましょう。

登録料金は無料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるには、登録料金は必要ありません。
登録後に配達用のバッグが支給され、8,000円が数回に分けて配達報酬から引かれます。

ただし、これはデポジット(保証金)ですから、配達パートナーを辞める際に返ってきます。
ですから、実質登録は無料なのです。

また、登録後に配達を行わなかった場合は、デポジットは引かれませんのでご安心ください。

登録方法・流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー登録は、事前にWEB登録をしてから会場に出向いて本登録をするという流れです。
WEB登録は、こちらのサイトから簡単に出来ます。

Uber Eatsのドライバー登録をしてみる。

WEB登録が済んだら、全国にある登録会場に行き本登録をしましょう。
会場は、以下の中から選べます。

・新宿(東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル3階・営業時間:月~火・木~土、12:00~19:00)
・恵比寿(東京都渋谷区恵比寿1-25-1 NAGAHAMAビル5階・営業時間:月~日 12:00~19:00)
・秋葉原(東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町4階・営業時間:月~日 12:00~19:00)
・横浜(神奈川県横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階Aアンクロートスペース横浜・営業時間:月・水・土 12:00~19:00)
・さいたま(さいたま市大宮区仲町2-26 富士ソフトビル5階・営業時間:月~火曜日、木~土曜日 12:00~19:00)
・大阪(大阪市中央区南船場4-4-21 りそな船場ビル6階・営業時間:月~日曜 12:00~19:00)
・神戸(神戸市中央区琴ノ緒町5-4-8 TKP三宮ビジネスセンター・営業時間:木~土曜 12:00~19:00)
・京都(京都府京都市下京区金換町109-1・営業時間:火~土 12:00~19:00)
・名古屋(名古屋市中区栄1-5-8 藤田ビル2階・営業時間:月曜日~火曜日、木曜日~土曜日 12:00~19:00)
・福岡天神(福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル6階 TKP天神カンファレンスセンター・営業時間:月曜日~火曜日、木曜日~土曜日 12:00~19:00)

登録料は無料ですが、いくつか必要な書類があります。
また、本登録には約30分程度の時間が掛かりますので、覚えておきましょう。

必要書類

WEB登録時には、状況に応じていくつかの必要書類を用意しアップロードしなければなりません。

自転車で配達する場合

・身分証明書(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・小型船舶操縦免許証のいずれか)
※学生の方のみ学生証と健康保険証の組み合わせでも可能
・プロフィール写真

※学生証と健康保険証の組み合わせの場合、2つの書類が同じ画像に収まるように撮影したものをアップロードしてください。
どちらかが欠如していたり、不鮮明な場合は受理されない可能性があります。

125cc以下のバイク・原付で配達する場合

・運転免許証
・自賠責保険証書
・バイクのナンバープレートを撮影した写真
・プロフィール写真

125cc超のバイク又は軽貨物で配達する場合

・運転免許証
・車検証(軽自動車および250cc超のバイク)
・軽自動車届出済証(125cc超250cc以下のバイク)
・自賠責保険証書
・任意保険証明書もしくは共済保険証明書
・事業用ナンバープレートを撮影した写真
・プロフィール写真

外国籍の方が登録する場合、上記の書類に加えてパスポート又は在留カードが必要です。
「資格外活動許可欄」において、日本国における就労が可能である事をご確認ください。

配達可能エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになって、料金(報酬)を得たいと思っても、エリアになっていない地域では出来ません。
2019年現在の配達エリアは、以下のとおりです。

東京
千葉
埼玉
横浜
名古屋
京都
大阪
神戸
福岡
(※一部地域)

地域によって配達で得られる報酬は異なります。
マクドナルドやケンタッキー等の有名チェーンはもちろん、ご当地グルメや地域限定のレストランなど様々なお店が登録しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、継続的にエリアを拡大していますので、まだエリアになっていない地域の方も、エリアになったらぜひ配達パートナーに登録してみましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は距離料金

配達パートナーの報酬は距離料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は、基本的に距離料金で計算されます。
配達した距離が長いほど、多くの報酬を得られる料金設定なのです。

具体的な料金や仕組みについて、詳しく見ていきましょう。

報酬の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は、以下のような仕組みで計算されます。

計算式

基本料金×ブースト+特別キャンペーン-Uberサービス料

基本報酬は、「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」の3つから計算されます。
ここに、基本報酬が高くなるブースト・インセンティブが貰える特別キャンペーン等が加算され、Uberサービス料が引かれた金額が実際に手元に入る報酬です。

基本料金やUberサービス料は、地域によって異なります。
報酬の仕組みについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

配達パートナーは稼げるのか

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの料金の仕組みは分かって頂けたかと思います。
そこで、実際に配達パートナーは稼げるのかという事が気になるでしょう。

稼げるのかどうかは、稼働の仕方やタイミングなどによります。
また、自転車と原付バイクでも違うでしょう。

しかし、実際に時給に換算して1,500円~2,000円ほどを稼いでいる配達パートナーは少なくないようです。

働き方次第では、配達パートナーは稼げるという事が言えるでしょう。

配達パートナーに登録する際の注意点

配達パートナーに登録する際には、いくつか注意点もありますので把握しておきましょう。

  • 直ぐに配達できるとは限らない
  • 最初の4週間はバッグの保証料金が引かれる
  • バッテリーやデータ通信量の消費が大きい

配達パートナーに登録をしたら、直ぐに稼働したいという人もいる事でしょう。
しかし、全国的に配達バッグの品薄が起こる事があり、登録しても直ぐに配達できるとは限らないのです。

「いついつまでに配達を始めたい」という人は、早めに登録をする事をおすすめします。
また、先ほども解説したように、登録時には配達バッグが支給され8,000円のデポジット(保証料金)が掛かります。

デポジットは配達報酬から引かれますが、一度に全部ではなく2,000円ずつ計4回に渡り引かれる仕組みになっているのです。
ですから、配達を始めて最初の4週間はバッグのデポジットが引かれるという事を覚えておきましょう。

そして、意外に見落としがちなのが配達中のバッテリーやデータ通信量の消費です。
特に、スマホやタブレットの電源が落ちてしまうと何も出来ませんから、モバイルバッテリーは随時携帯しましょう。

まとめ

ウーバーイーツ料金まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くには、登録をしなければなりません。
登録料金は掛かりませんが、配達バッグのデポジットとして8,000円が、最初の報酬から4回に渡り2,000ずつ引かれます。

登録は、事前にWEB登録をしてから会場に出向いて本登録をします。
WEB登録では、条件に応じて様々な必要書類のアップロードが必要ですので覚えておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は、「基本料金×ブースト+特別キャンペーン-Uberサービス料」という仕組みです。
基本料金は「受け取り料金」と「受け渡し料金」の他に、「距離料金」で計算されます。

実際に配達パートナーをしている人の口コミ等を見ると、時給換算で1,500円~2,000円程度稼いでいる人は少なくありません。
働き方や工夫によって、意外に稼げるのがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなのです。

  • 直ぐに配達できるとは限らない
  • 最初の4週間はバッグの保証料金が引かれる
  • バッテリーやデータ通信量の消費が大きい

上記のような注意点がいくつかありますので、しっかりと把握した上で登録をしましょう。

【好きな時間に働いて報酬を得る】

Uber Eats配達パートナーで働くメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 1時間だけでも空いた時間に配達が可能
  • 自転車、原付バイク、軽貨物車両で配達
  • 週単位で指定口座に振り込まれる

空いた時間に出来るという事で、副業として行っている人が多くいます。
週単位での支払いなので、急にお金が必要になったという方でもすぐに稼ぐ事が出来るのは魅力です。

Uber Eats配達パートナー募集

「副業をしたいけどアルバイトをするほど時間がない」「早くお金がほしい」という方におすすめです。

⇒「Uber Eats配達パートナーに登録をしてみる。