ウーバーイーツ東京エリアの登録・注文方法

近頃、SNSやテレビでも話題のUber Eats(ウーバーイーツ)。
海外発の新しいフードデリバリーサービスです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が日本に上陸したのは2016年の9月。
最初にサービスを開始したのが東京エリアです。

東京では既に多くのユーザーがいるようですが、未だ利用した事がないという人もいるでしょう。
そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)東京エリアでの登録・注文方法について解説していきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の気になる料金や、メリット・デメリットについても解説しますので、是非参考にしてみて下さい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京はどんなサービス?

Uber Eats(ウーバーイーツ)という言葉は浸透しつつありますが、実際にどのようなサービスなのかは詳しく知らない人も多いかと思います。
Uber Eats(ウーバーイーツ)は、料理を配達して欲しい人と配達したい人・レストランの3者をマッチングするサービスです。

ユーザーはスマホやタブレットのアプリから簡単に料理の注文が出来ます。
配達パートナーと呼ばれる人たちが、料理をお店に受け取り行き、指定した場所まで届けてくれるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、アルバイトや社員ではありません。
登録をした一般の人が、料理を配達バックに入れて自転車や原付バイク等で運んできてくれます。

会社や自宅に限らず、公園や停めた車など、どこへでも配達してくれるのです。
非常に便利で画期的なUber Eats(ウーバーイーツ)は、東京に限らず多くのファンを獲得しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京の配達エリアや営業時間

ウーバーイーツ東京の配達エリアや営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京と言っても、都内の全ての地域て利用が出来る訳ではありません。
配達エリアや営業時間について見ていきましょう。

配達エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京の配達エリアは、2019年現在23区のほぼ全域で利用が可能になっています。
また、千葉・埼玉・横浜エリアとも繋がっていますので、非常に利用しやすいエリアと言えるでしょう。

中心部のオフィス街や繁華街ではほとんど利用できると言って良いでしょう。
それでも未だエリアになっていない地域もありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)では継続的にエリアの拡大を行っています。

アプリでは、お住まいの地域がエリアに追加された際にお知らせしてくれる機能もありますので、是非利用してみてください。

どんな提携店舗がある?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の東京エリアでは、どんなお店のメニューが楽しめるのでしょうか。
数多くの提携店舗の中から、一部をご紹介します。

東京エリア加盟店舗一覧

マクドナルド(ハンバーガー)
かつや(丼もの・日本料理)
ケンタッキーフライドチキン(フライドチキン)
松屋(牛丼・日本料理)
ほっともっと(日本料理)
バーガーキング(ハンバーガー)
大戸屋ごはん処 (日本料理)
スターバックス コーヒー(cafe)
布袋家 HOTEIYA(日本料理)
ゴーゴーカレー(日本料理・カレー)
ヘンリーズ バーガー Henry’s Burger(ハンバーガー)
ザ・アール The Earl(サンドイッチ)
好茶 HAO CHA(台湾料理 • タピオカティー)
兄夫食堂(韓国料理)
クリスプサラダワークス (サラダ・ベジタリアンフレンドリー)
ペッパーランチ(ステーキ)
モスバーガー(ハンバーガー)
オーベルジーヌ Aubergine(インド料理)
頂マーラータン(中華料理)
吉野家(牛丼・日本料理)
ミンティー Ming Tea(cafe・タピオカティー)
阿夫利(ラーメン)
レイス ケバブ Reis Kebab(トルコ料理)
丼の丼丸(海鮮・日本料理)
タコリッコ TACO RICO(メキシコ料理)
SHOGUN BURGER(ハンバーガー)

全国チェーンの人気ファストフード店から、東京にしかない地元の名店まで、様々な店舗が参加しています。
この他にも、数多くのレストランが加盟店になっていますから、いつでもその日の気分に合わせて色んなメニューを選ぶ事が出来るでしょう。

普段デリバリーサービスを行っていないお店のメニューも配達してくれるのも、非常に嬉しいサービスです。

営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京は、何時から何時まで利用が出来るのでしょうか。
営業時間は、平日・週末を問わず午前9時~深夜0時までです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)自体の定休日はありません。
ただし、店舗毎に営業時間や定休日は異なります。

アプリで「休業」「ただいまご利用いただけません」となっている店舗については、Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間内であっても注文は出来ませんので注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京の注文方法

ウーバーイーツ東京の注文方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京で料理を注文するには、どうしたら良いのでしょうか。
登録方法や注文の流れについて、詳しく見ていきましょう。

まずは登録をしよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京を利用するには、まずはアプリをインストールして登録する必要があります。

1:アプリをインストール
2:電話番号を登録
3:4桁のコード番号を入力
4:メールアドレスの登録
5:アカウントのパスワードを設定
6:氏名を登録
7:クレジットカード又はデビットカードを登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリは、App StoreやGoogle Playで検索するとすぐに出てきます。
画面の表示に従って電話番号を登録すると、SMSに4桁のコード番号が送られてきますので入力しましょう。

メールアドレスの登録やアカウントのパスワード設定、氏名を登録します。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払いは基本的にカード決済で行われますので、最後にお手持ちのクレジットカート又は、デビットカードを登録してください。

注文画面に切り替われば、無事登録が完了です。

注文の流れ

アプリの登録が出来たら、すぐに料理の注文が出来るようになります。
注文の流れを見ていきましょう。

1:配達先の住所を登録
2:メニューを選ぶ
3:注文確定・支払い
4:配達予定時間が表示される
5:配達パートナーが表示され動き出す
6:料理を受け取る
7:配達パートナーと店舗の評価をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京で料理を注文する際は、まず配達先の住所を登録します。
すると、配達可能な加盟店がズラリと表示されますので、その中からお好きな店舗・メニューを選択しましょう。

メニューが決まったら、注文を確定し決済に進みます。
カード決済の場合は登録済みのカードで自動的に支払いが完了しますので、非常に便利です。

注文が完了すると、アプリの画面が地図に変わり配達予定時刻が表示されます。
しばらくすると、地図上にバイクのアイコンが表示されて動き出します。

これは配達パートナーで、到着までの間リアルタイムに動きを追跡できるのです。
道に迷ったり何かトラブルに見舞われていそうな時は、配達パートナーに直接連絡をする事も出来ます。

画面には、配達パートナーの顔写真も表示されるのですが、そこを下にスワイプすると電話又はメッセージにて連絡が取れるのです。
料理が無事に届いたら、受け取りましょう。

食事が済んだら配達パートナーと店舗の評価をして完了です。

料金のシステム・現金決済について

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する際に、気になるのが料金ですよね。
Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文時に料理の価格とは別に配送手数料が掛かります。

手数料は地域によって異なりますが、東京エリアでは距離に応じて変動するシステムを導入しています。
ですから、なるべく近くの店舗で注文する事が、東京エリアでお得に利用するポイントなのです。

また、手数料の範囲を指定してお店を検索出来る「フィルター」という機能もあります。
手数料が高くてビックリした!というような事態は防ぐ事が出来るでしょう。

尚、東京エリアではカード決済の他に、現金払いが可能です。
現金決済を希望の場合は、注文を確定する前に支払い方法の「変更」をタップし、「お支払い方法を追加」から現金を選びましょう。

ただし、現金決済は税込み10,000円まで・酒類を含む場合は利用できません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京のメリット・デメリット

ウーバーイーツ東京のメリット・デメリット

非常に人気の高いUber Eats(ウーバーイーツ)東京ですが、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。
また、デメリットもありますので、合わせてご紹介していきます。

メリットは便利さ

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京で料理を注文する人が多いのは、以下のようなメリットがあるからでしょう。

  • 届くのが早い
  • 注文が簡単
  • 1品から配達可能
  • デリバリーサービスを行っていない店舗の料理も配達してもらえる
  • 公園などの野外にも配達可能
  • 配達パートナーと顔を合わせなくても受け取れる

Uber Eats(ウーバーイーツ)での注文は、とにかく簡単で早いという口コミをよく目にします。
近くのお店なら、10~20分程度で届く事が多いようです。

1品から配達可能なので、一人での食事やコーヒーやサラダ・ケーキ1個だけを頼みたいという時もおすすめ。
普段デリバリーサービスを行っていないお店のメニューも運んできてくれます。

公園などの野外にも配達してくれますから、急に思いつきで花見をしたり、外でご飯を食べようとなった場合にも活用できます。
また、忙しい時や体調の悪い時など、人と顔を合わせたくない時もありますよね。

そんな時には、カード決済にしておけば玄関先などに置いてもらう事も出来ますので、非常に便利なのです。

デメリットは割高

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京のデメリットは、イートインよりも割高になるという点です。
金額や品数に関係なく、配送手数料が掛かります。

また、多くの店舗では料理の価格を通常よりも高めに設定しています。
料理を配達するのにあたって、こぼれや偏りを防ぐために包装の強化など様々なコストが掛かるからです。

ですので、通常料金+配送手数料だと思っていると予想以上に高くなってしまいます。
Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文する際は、お店で食べるよりも割高になるという事を覚えておきましょう。

まとめ

ウーバーイーツ東京のまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、料理を配達して欲しい人と配達したい人・レストランの3者をマッチングするサービスです。
東京エリアでは、23区のほとんどで利用が可能になっています。

営業時間は午前9時~深夜0時までですが、お店が営業していない日や時間には注文が出来ません。
料理を注文するには、アプリをインストールして登録をする必要があります。

App StoreやGoogle Playで検索し、登録をしましょう。
登録が完了したら、すぐに注文が出来るようになります。

1:配達先の住所を登録
2:メニューを選ぶ
3:注文確定・支払い
4:配達予定時間が表示される
5:配達パートナーが表示され動き出す
6:料理を受け取る
7:配達パートナーと店舗の評価をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、注文金額に関わらず配送手数料が掛かります。
東京エリアでは距離によって変動する距離料金で計算されますので、近くの店舗で注文する方が手数料は安くなるのです。

また、料理の価格は通常よりもやや高めに設定されているお店がほとんど。
イートインよりも割高になるという事を覚えておきましょう。

とは言え、Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットは大きいと言えます。

  • 届くのが早い
  • 注文が簡単
  • 1品から配達可能
  • デリバリーサービスを行っていない店舗の料理も配達してもらえる
  • 公園などの野外にも配達可能
  • 配達パートナーと顔を合わせなくても受け取れる

少々高くても利用する人が多いのは、このようなメリットがあるからでしょう。
気になる人は、是非一度利用してみて下さいね。

【人気料理を家の前まで配達してくれる】

Uber Eatsで注文をするメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 出来立て料理を玄関前まで届けてくれる
  • 受け取りで顔を合わせる必要がない
  • 金額に関わらず配達してくれる
  • 加盟店舗が多い

他の出前サイトである「〇〇円以上で配達」という制限がありません。
自分の好きな量だけ注文できるというのは魅力です。

また、玄関の前に料理を置いてもらう事も出来るため、配達員と顔を合わせたくない人にもおすすめ。

【a】Uber Eatsフードデリバリー注文

「ちょっとだけデリバリーしたい」「すぐに食べたい」「色々な料理を食べた」という方におすすめです。

⇒「>>Uber Eatsで注文してみる。