ウーバーイーツ埼玉エリアで配達パートナーになる方法

最近、SNSやテレビ等でも紹介されているUber Eats(ウーバーイーツ)。
海外発の新しいフードデリバリーサービスです。

その便利で画期的なシステムにより利用する人から高い評価を得ていますが、配達をする配達パートナーの仕事にも注目が集まっています。
2016年に東京に上陸以来、全国的にエリアを拡大し知名度もユーザー数も年々伸びてきています。

中でも、2018年9月にエリアに加わったのが埼玉エリアです。
今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアで配達パートナーになるにはどうしたら良いのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達エリア・営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事に興味を持っている人は多いかと思います。
まずは、Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達エリアや営業時間について、詳しく見ていきましょう。

配達エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉は、さいたま市の大宮区、浦和区及び中央区を含む一部地域からサービスを開始しました。
その後にエリア拡大が行われ、2019年現在では更にさいたま市南区および戸田市・蕨市・川口市の一部地域でも利用が出来るようになっています。

埼玉エリアの配達パートナーになった場合、このエリアの範囲で配達を行う事になるでしょう。
しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)では継続的にエリアの拡大を行っています。

配達をする範囲がこれから広がっていく可能性も高いでしょう。
埼玉エリアにはどのようなお店が加盟店になっているのか、一部をご紹介します。

埼玉エリア店舗一覧

ケンタッキーフライドチキン
マクドナルド
松屋
大戸屋
ガスト
日乃屋カレー
武州うどんあかね
GREAT ESCAPE
シャム チャントラー
スシロー
たくぞうのらーめん Takuzou no Ramen
エフェケバブ
まるぼ Marubo
中華料理 三国
新晨美食坊 SHIN SHIN BI SHOKU BOU
すき家
結結 yuiyui
彩流 IZAKAYA SARU
夢庵
グリル アンド バー ブ バーベック Grill & Bar Bu Barbec
手作りチーズケーキの店 ダンテ

誰もが知るような人気のチェーン店から、埼玉にしかないご当地店まで、様々なお店に料理を受け取りに行く事になります。

営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアの営業時間は、午前9時~深夜0時までです。
ただし、配達パートナーの仕事にはシフトや時間の縛りがありません。

この時間の範囲内で、自分の好きな時間に稼働すれば良いのです。
隙間時間や副業としても出来るため、その自由な働き方は新たらしいビジネスモデルとして注目されています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアの配達パートナーになるには?

ウーバーイーツ埼玉の配達パートナーになるには

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアで、実際に配達パートナーになるには、登録をしなければなりません。
登録方法や必要書類などについて、詳しく解説していきます。

まずはWEB登録をしよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるには、事前のWEB登録と会場での本登録が必要です。
まずは、以下のサイトからアクセスし、WEB登録をしましょう。

Uber Eatsのドライバー登録をしてみる。

WEB登録の際には、いくつかの必要書類のアップロードが必要です。
配達に使用する乗り物によって異なるので、しっかりと確認をして揃えましょう。

必要書類

WEB登録の際の必要書類を、乗り物別で見ていきましょう。

自転車で登録の場合

・身分証明書
・プロフィール写真

※身分証明書・・・パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、小型船舶操縦免許証のいずれか(学生の方のみ学生証と健康保険証の組み合わせも可能)

原付バイクで登録の場合

・プロフィール写真
・運転免許証
・自賠責保険証書(ナンバープレート番号が記載されているもの)
・ナンバープレートの写真

軽貨物またはバイク(125cc超)で登録の場合

・運転免許証
・プロフィール写真
・自動車損害賠償責任保険の証明書
・自動車検査証(軽自動車または250cc超のバイクをご利用の場合)
・軽自動車届出済証(125cc超250cc以下のバイクをご利用の場合)
・任意保険または共済保険の証明書
・ナンバープレート(事業用ナンバープレート)※白ナンバーは使用不可

外国籍の方の追加必要書類

・パスポート(顔写真のあるページ・ビザのあるページ・証印シール)
・または在留カード(有効期限内の在留カードの表面・有効期限内の在留カードのうら面)

これらの必要書類は、念のため本登録の際にも会場に持参しましょう。
配達パートアーの登録に関しては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

会場で本登録

WEB登録が済んだら、お近くの会場に行き本登録をします。
埼玉エリアの場合は、以下の会場が最寄になります。

埼玉パートナーセンター

埼玉県さいたま市大宮区仲町2-26 富士ソフトビル5階

会場では、説明や配達バックの貸し出しなどを含めて約30分程度掛かります。
予約は必要ありませんので、直接行きましょう。

実際の稼働の流れ

本登録が済んだら、直ぐに配達をする事が可能です。
もしも即日稼動をしたいのなら、自転車やスマホ・モバイルバッテリー等を持っていきましょう。

ただし、埼玉を始め多くの地域で配達バックの品薄になる事があります。
直ぐに稼働できない場合もあるという事を、覚えておきましょう。

1:アプリを起動する
2:待機する
3:配達リクエストを受ける
4:加盟店に向かう
5:加盟店で料理を受け取る
6:お客さんの指定する場所に配達する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、アプリを起動させて待機する事がら始まります。
配達リクエストが来たら、依頼を受けて指定のレストラン加盟店まで料理を受け取りに行きましょう。

加盟店で料理を受け取ったら、配達バックに入れ今度はお客さんの指定した場所まで向かいます。
到着したら、笑顔で料理を渡してください。

「玄関先に置いてください」「配達ボックスに入れてください」「〇〇公園のこのあたりまでお願いします」など、様々な要望があるかと思いますので、可能な限りで対応しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達パートナーは稼げる?

ウーバーイーツ埼玉の配達パートナーは稼げるか

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達パートナーになる事をお考えの人にとって、報酬については気になるところでしょう。
実際に稼げるのかどうかは、重要なポイントです。

ツイッターでは、配達パートナーを実際にしている人の口コミが多数寄せられていました。
その一部をご紹介します。

配達パートナーの報酬には個人差があり、また日によっても変動があるようです。
稼げるのかという点については、働き方にもよるかと思います。

とは言え、工夫次第ではUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、十分稼げる仕事と言えるでしょう。

配達パートナーの報酬について

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬の仕組みについて、見ていきましょう。
配達パートナーの報酬は、基本料金・ブースト・インセンティブ・サービス料という4つの項目が関わって計算されます。

まず、基本料金は料理を受け取り配達する事・そして距離によって発生します。
そこに、時間帯によって基本料金に倍率が掛かるブーストや、キャンペーン(クエスト)のインセンティブなどが加算されるのです。

基本料金からは、一定のパーセンテージのサービス料が引かれます。
基本料金・サービス料は地域によって異なります。

埼玉エリアでは、以下のようになっています。

基本料金 金額
受け取り料金 300円
受け渡し料金 170円
距離料金 150円/km

サービス料は、基本料金の35%です。
お昼や夜のピークタイムや雨の日などは、ブーストやクエストが発生しやすくなっています。

これらはサービス料として引かれませんので、ブーストやクエストを上手く稼ぐ事が報酬アップのポイントなのです。
配達パートナーの報酬については、こちらの記事でも解説しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達パートナーになるメリット・デメリット

ウーバーイーツ埼玉の配達パートナーになるメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達パートナーになるのは、多くのメリットがあります。
しかし、反対にデメリットもありますから、把握しておきましょう。

メリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達パートナーには、以下のようなメリットがあります。

  • 縛りがなく自由
  • 副業としても出来る
  • 毎週報酬が振り込まれる

配達パートナーの仕事は、とにかく縛りがなく自由な点がメリットでしょう。
シフトもノルマもないので、自分の都合の良い時間にだけ稼働すればよいのです。

副業としても出来るため、仕事の合間やちょっとした隙間時間に働けるのは、非常に便利でしょう。
また、配達パートナーの報酬は週払いです。

毎週報酬が得られるのも、嬉しいポイントと言えます。

デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達パートナーをするデメリットは、補償がないという点です。
社会保険などはありませんし、収入の補償もありません。

また、個人事業主という扱いになるため、機材の破損やガソリン代等の経費は全額自己負担です。
自由で融通が利くという一方で、補償が無く自己責任も大きいという事を、しっかりと把握しておきましょう。

まとめ

ウーバーイーツ埼玉配達パートナーまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアは、さいたま市の大宮区・浦和区・中央区・南区・戸田市・蕨市・川口市の一部地域で利用が可能です。
営業時間は午前9時~深夜0時までですが、シフト等はありませんのでこの範囲内で好きな時間にだけ稼働すれば良いという仕組みになっています。

配達パートナーになるには、事前のWEB登録と会場での本登録が必要です。
埼玉エリアなら、以下の会場での登録がスムーズでしょう。

埼玉パートナーセンター

埼玉県さいたま市大宮区仲町2-26 富士ソフトビル5階

登録には、使用する乗り物に応じて様々な書類が必要です。
WEB登録でアップロードをしますが、念のため会場にも持参しましょう。

実際の稼働は、アプリを開いて待機をする事から始めます。
配達リクエストが届いたら、料理を店舗に取りに行き、お客さんの所まで届けるのです。

配達パートナーの報酬には基本料金がありますが、時間帯や天候によって料金に倍率が掛かったり、インセンティブが貰える特典があります。
このような仕組みを上手く活かす事で、稼ぐ事が出来るでしょう。

配達パートナーには、自由さというメリットがある反面、補償がないというデメリットもあります。
両方をしっかりと理解した上で、登録をしする事が大切です。

【好きな時間に働いて報酬を得る】

Uber Eats配達パートナーで働くメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 1時間だけでも空いた時間に配達が可能
  • 自転車、原付バイク、軽貨物車両で配達
  • 週単位で指定口座に振り込まれる

空いた時間に出来るという事で、副業として行っている人が多くいます。
週単位での支払いなので、急にお金が必要になったという方でもすぐに稼ぐ事が出来るのは魅力です。

Uber Eats配達パートナー募集

「副業をしたいけどアルバイトをするほど時間がない」「早くお金がほしい」という方におすすめです。

⇒「Uber Eats配達パートナーに登録をしてみる。